ナイトワーク体験での心がけ


時給に心を惹かれバイトを始めましたが

大学生の時に私がキャバクラのバイトを始めたきっかけは、少しでも生活に余裕がほしいと思ったからです。私が育った家庭は決して裕福ではなく、私は高校を卒業したら働こうと考えていましたが、大学へ行くように両親から説得されました。そして無事に大学へ進学することができ、1人暮らしを始めることになりました。両親から十分な仕送りを期待できず、少しでも生活費を稼ごうとバイトをしていましたが、もっと効率良く稼ぎたいと思い、たまたま目にした求人の時給に心を引かれて、キャバクラでのバイトを決めました。美しいドレスを着て、高いヒールの靴を履いて、見た目は華やかでありながら、裏では地道な努力が必要な仕事だとすぐにわかりました。まずは接客の基本が身についていなければ、来店されたお客様を心から楽しませることができません。キャバ嬢と呼ばれる女性たちは接客のプロであり、キャバクラのバイトの経験は、私にとって大事なものとなりました。