ナイトワーク体験での心がけ

キャバクラの貴重な体験

女性画像 私がキャバクラでバイトをした経験の中で今でも自分の財産として残っている貴重な体験は、いろんな方と接することができ、いろんな繋がりができたことです。 この仕事をはじめるきっかけは求人サイトで見た急募のバイト募集で、当時はすぐにでも働きたい状況で早速応募し入店することとなりました。 入店時の私は20代前半とまだ若く、同年代の人としか接する機会がなく、社会経験も少なくいろんな面で未熟でしたが、この店に入店して幅広い世代のお客さんを接客することになり、時には不快な思いをすることがありましたが、その時の対処方法など先輩キャストからもアドバイスをもらいとても勉強になりました。 また、私より社会経験が多い年配のお客さんなどは、社会の仕組みやいろんな情報を教えてくれ、キャストとお客という、ビジネスの関係以上の尊敬できる人生の先輩として多くの相談にのってもらうこともあり、このお店で知り合った多くのお客さんと今でも繋がりがあり、この人間関係がキャバクラのバイトの中で得ることができた大切な財産です。

授業料に困って

両親は高校を卒業したら就職してほしかったようですが、私は両親の反対を押し切って専門学校に通うことにしました。そのため授業料などを全て自分で支払うことになったので、奨学金を貰って、アルバイトをすることにしました。専門学校の授業も大変なので、効率よく稼げるバイトを探していたところ、キャバクラの求人を見つけました。キャバクラの給料は他のバイトと比べても高いですし、ドレスなどは貸与してくれるとあったので、働いてみたいと感じました。ただキャバクラで働いた経験はありませんし、接客にもそれほど自信があるわけではないので、大丈夫だろうかと心配になりました。しかし面接をしてくれたオーナーや先輩のキャバ嬢からは、楽しいことが一番だから、話術よりも笑顔が大事だと言ってくれたので、働きたいと思うようになりました。採用されてから1週間3~4回のシフトで働くことになりましたが、1日につき3~4時間という短い時間なので、専門学校の授業に支障もありません。

わりのいいバイトができました

キャバクラで働きたくて、友人がすごく時給のいいキャバクラを紹介してくれたので、そこで働くことにしたのですが、とにかく競争が激しくて、人間関係もややこしいのでもっと穏やかにバイトをしたいと思って別のキャバクラを探すことにしました。キャバクラの求人サイトを見つけたので利用してみることにしましたが、簡単な入力でパッといろんなお店がでてくるので便利でした。知名度の高そうなキャバクラなら安心して働けそうだなと思って、口コミ評価も高いお店の求人をもとに面接を受けに行きましたが、とても紳士的な担当者の方だったのでここならいけそうかなと思いました。慣れるまではどうしたらいいか結構覚えるのが大変でしたが、実際にバイトをしてみると、お客さんも優しいし接客が楽しいので自分に向いているなと思いましたし、お話してお金がもらえるとかすごいなと感動してしまいました。お金が結構たくさんもらえるバイトなので、結構早く目標金額がたまりましたし、夢に向かって英会話スクールにも通えるようになったのでやってよかったです。

面接を受けました

会社員として働いていますが、以前からキャバクラで働きたいという夢を持っていました。テレビで煌びやかなドレスを着て楽しそうなキャバ嬢を見たことがきっかけになっていました。しかし自分にキャバクラの仕事が合わない可能性もあるので、仕事を辞めるという冒険はできませんでした。そんな時、たまたま求人情報誌を見ていた時に、キャバクラで1日バイトをしませんかという募集を見つけました。1日限定でバイトをする募集で、もしキャバクラの仕事が気に入ったら継続して働くこともできると書かれていました。1日だけでもキャバ嬢として働けるのであれば、自分に向いているかどうかわかるのではないかと思ったので、問合せをしました。すぐに面接を行ってくれて採用が決まり、専属のヘアメイクさんにセットアップしてもらうことができました。ドレスも貸してもらうことができ、見た目は完璧なキャバ嬢になることができました。先輩のキャバ嬢のサポートにつきましたが、楽しく働くことができました。